住宅設備機器・管工機材販売の総合商社
本社 044-355-4422
支店 044-975-4412
採用情報

平成29年4月 正社員・新卒/キャリア募集しています

仕事紹介・インタビュー

Interview

店頭営業課 営業

会社全体を広く支える店頭営業課。
経験を積めば積むほど、お客様との絆が強くなる

2005年入社 C.H

店頭営業課 営業
店頭営業課は、名前の通り、本社に来店されたお客様への対応をメインとする部門。
私自身も20数社の取引先を担当しており、部署としては、商品の入荷チェックや電話応対、営業が外出している時のサポートなど、会社全体の「縁の下の力持ち」的な役割も担っています。
現場へ向かう途中、朝一番で立ち寄るお客様も多いため、出社直後から席をあたためる暇もないほどですが、決して嫌ではありません(笑)。
「お客様の現場作業を止めさせない」というのが店頭営業課の心情。部材の特性についてアドバイスを差し上げたり、時には価格面での相談に乗ったりすることも、今では自然とこなせるようになりました。
この仕事で嬉しいのは、やはり「ありがとう」と言われた時。経験を積めば積むほどほど、やりがいや充実感を感じられる仕事だと思います。

三人の子供を育てながら10年。
ここまで続けられたのは、上司や同僚の理解があったからこそ

業界のこともまったく知らず、三人の子育て真最中だった私を、手取り足取り育ててくれた会社に、心から感謝しています。時に厳しくもありましたが、だからこそ、うわべではない本音の部分でつながっている安心感を、今は感じますね。普段スタッフによく話すのは、「お互いに失敗は失敗として認め、その上で次にできることを見つけていこう」ということ。私自身も自分のミスを正直に話しますし、「ありがとう」「ごめんなさい」と素直に言い合える雰囲気を大切にしていけたらと思っています。

入社をお考えの方にアドバイスがあるとしたら、「焦らないで、一つひとつ確実に覚えていけば大丈夫」ということ。そうすれば、点と点がつながって線になるように、覚えたことがやがて自分の力になります。また、嘘偽りなく誠実に対応していれば、仲間だけでなく、お客様も助けてくれます。そこさえ忘れなければ、不安に思うことはひとつもありません。
店頭営業課 営業

ある日のスケジュール

出社

朝礼に続いて、昨晩から朝までに入ったファックスやメールでの注文をチェック。
スタッフの作業状況にも気を配りながら、見積もり作成に向けた準備に入る。

8:30〜12:30

店頭営業課 営業

前日に発注をいただいたお客様が続々とご来店。
スタッフが連携して対応する傍ら、電話での問い合わせにも対応。
在庫確認や商品の受け渡しをテキパキとこなす。ふと気づけばお昼休憩の時間…

12:30〜13:30

後輩や営業スタッフと一緒に昼食。あちこちで雑談に花が咲き、いつも賑やか。

13:30〜16:30

少し来店が落ち着いてきた一方、電話での問い合わせは相変わらず。
その都度、分からないことがあれば、カタログを調べたり、メーカーに問い合わせたりして、見積を作成していく。

16:30〜

少し時間が空いたので、入社したてのスタッフに在庫の保管場所と入庫時に注意事項を説明。
できるだけ平易な言葉で伝えることを心がける。

17:30

お疲れ様。いつものスーパーで買い物をして帰宅。

こんなところがお気に入り

取引先が世代交代し、現役を退いた方がいらっしゃるのですが、今でも交流が続いています。
また同僚の中には、何でも話せて旅行にいっしょに行く仲間も。入社をきっかけにそんな繋がりができるとは、想像していませんでした。
採用

ご応募はこちら

採用に関するお問い合わせなどお気軽にどうぞ。

仕事紹介・インタビュー

Interview

店頭営業課 営業

2005年入社

店頭営業課 営業

本社設備課 営業

2012年入社

本社設備課 営業

本社プラント課 営業

2008年入社

本社プラント課 営業

東名川崎支店 営業

2014年入社

東名川崎支店 営業